ニートを目指して三千里 ひねくれ女子の小言日記

ニートを目指していたひねくれ者が日々のうっぷんを書いたり書かなかったりするやつ。ニートを経て、ニートじゃなくなりました!

カウンセリングのクライアント募集(無料)

Designed by Freepik

こちら締め切りました!(2018/11/26)


こんにちは。お久しぶりです。
ほんとにお久しぶりの更新です。


毎度のことながら、本題前の前置きがちょっとばかし長いので、

カウンセリングのクライアント募集の
募集要項を手っ取り早く見たい方は目次よりジャンプをお願いします。

 

 

前置き

無理はしたくない、やりたくないことしたくない、
とだいぶ前から思うようになってから、


基本的にやりたくないことはしないようになってしまったのですが、


ブログもはじめはよかったんだけど段々モチベがなくなり、
目的も目標もなくなり、
継続が大事っていうけど、
目的がなくなってしまった以上、
頑張って継続する気もなくなって、


やりたくないことはしない精神に乗っ取って放置しておりました。
かといって消したくはないから、そう、放置さくせんです。


と、いつも通り前置きが長くなったところで、
久々に更新をした本題に入ります。

 

クライアント募集について

ここ数か月、以前より興味のあった心理学とカウンセリングを講座で習っておりました。
講座より、一般の方にカウンセリングをやってみていいよ(でも練習相手になって頂くのですから無料でね)とお許しが出たので、
こちらのブログで募集かけてみることにいたします。
というわけで、クライアント(カウンセリングを受ける人)を募集します。

 

募集要項

募集要項は以下の通りです。


募集人数:一か月に2名まで
性別:女性(当方女性のため)
料金:無料(申し訳ありませんが、レンタルスペースの割り勘をお願いします。)
時間:90~120分(予定がない限り平日・休日対応可)
場所:都内。相談の上レンタルスペース等を借りようと思います。
年齢:不問
相談内容:自由。申し込み時に応相談。
募集期間:2018年12月まで(変更の可能性あり)


駅や喫茶店など、人がいるところで待ち合わせをして、
レンタルスペースに移動する形にしたいと思います。


その他のご質問や興味、応募したいという方は、
お問い合わせページ(別館ブログ)
または、
twitter
のDMを開放していますので、そちらからお願いいたします。


<注意>

今回募集させて頂くのは、私のカウンセリング経験のためのお相手です。
そのため、ご期待に沿えないことや未熟な点も多々あるかと思います。
また、私の未熟さ故、応募頂いた場合でもお断りさせて頂く場合もございます。


上記についてご理解ご了承の上、応募いただきますようよろしくお願いいたします。

 

私について

カウンセリングを行うにあたって、どんな人がしてくれるかは気になるかと思います。
大変申し訳ないのですが、過去のブログ記事から読み取って頂くか、
大変情報が少ないですが、こちらに少しばかりプロフィールをご覧頂いて、
応募いただければと思います。

 

よろしくお願いします。

twitterでも一度募集のお知らせをしましたが、
再度募集を行う予定です。


かましいお願いではありますが、拡散頂けるとうれしいです。
興味がありそうな方がいたら紹介いただけますと幸いです。


わたしにとってははじめての試みで、
都度都度こちらのページなども修正・変更するかもしれません。


なにとぞ宜しくお願い致します。

労所得を得たいっていうのはつまり

お久しぶりです、こんにちは。


ブログやる気ねーってなってから早数ヶ月。
かと言って、ここ消したくないから残してるんだ
と毎度同じみの話になりつつありますが、
最近というか、前々からだけど、
思っていることがあるので、
思いっきり(?)書いてみようと思う。


多分誰しも思ってると思っているんだけど、
不労所得ほしいよねって話。


誰しもは思っていないかもしれないけど、
多分大半の人は思ってるよね、
不労所得


私も思ってる。
不労所得欲しい。


働かずして、お金欲しい。


何もしないで、マネー欲しい。


寝ているだけで、収入が欲しい。


って。


思ってる。
で、実際ある意味叶ってる。


そう、私は聞こえをよく言えば、
専業主婦である(ババーン)


ありがたいことに、
「家事も無理しないで」
と言ってくれる、仏のような旦那さんである。


とはいえ、
やはり居候の身。
ある程度家事はする。


洗濯、掃除、ご飯。
最低限くらいはやっている。


お金もお小遣いを頂いている。


暮らす場所も困っておらず、
不労所得といっていいいのではないかという生活である。
家事を労働と言わなければ。


ところで、
不労所得という言葉だけど、
Wikiによると
”労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、
働かずにも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。”
とのことで、
不労所得って言っても、初期投資は必要だとかうんたらかんたら。


その初期投資をせずに、
何もせずに所得が欲しいと私達は嘆いているわけで、
そんな虫の良い話があるとは思っていないけど、


やっぱり、何もせずにお金欲しいは思ってるわけで。


専業主婦で、不自由のない生活をしていても、
お金欲しいと思うわけで。


別にね、不労所得が欲しいんじゃなくてね、


好きなときに好きなだけ働いて、
納得の業務内容と評価と収入を得たいってところがほんとのところで。
できれば、高収入を得たいってわけで、


それを略すると、
不労所得欲しい」になるだけで。


不自由ないのに、お金欲しいのって言われるかもしれんけど、
お金はいくらあっても困らんやろし、
お金に余裕があったら、美容院行きたいし、美味しいもの食べたいし、
カフェ巡りしたいし、漫画買いたいし、イベントとか行きたいし、
ライブ行きたいし、旅行したいし、マッサージ行きたいし、
お洋服とか欲しいし、


あああああ、不労所得欲しい〜〜〜〜
そして、責められること無く、自由にお金使いたい〜〜〜〜


自身に収入があって、
働いてないことへの非難とか、
お金を使うことへの罪悪感とか、
そうゆう見えない目から解放されたい〜〜〜〜


ああああ、不労所得ほしいい〜〜〜〜〜

2018年の私のブログ事情

 

お久しぶりですという記事から、

更にお久しぶりです。

 

ブログへのモチベーションは相変わらずですけども、

だからといって前回も書いたとおり、

辞めるとかそうゆうつもりもなく、

やっと気が向いたというかなんというか、

書こうかなと思ったので、

こうして久しぶりに「記事を書く」ページを開いております。

 

タイトルどうしようかと思って、

「2018年の私のブログ事情」なんて書いたけど、

未来のことなんてわからないので、

どんなブログ事情になるか実際のところさっぱりだけど、

今現在はまったりやるんじゃないかな。とか思ってます。

別ブログの方は一旦閉じてしまおうかしら。どうしようかしら(笑)

 

前回と気持ちが変わってないから、

同じことを繰り返し書いてしまうんだけども、

モチベをあげるためのツールがブログだったんだけど、

根本の「モチベを上げたい!」という気持ちがなくなってしまったもので、

ブログ自体へのモチベがなくなってしまったんだよなー。

(開設時は吐き出したい!みたいな気持ちだったけど、

今は大変穏やかな日々を送っている。すばらしい。

けどやる気とか意欲は相変わらずである)

 

とまぁ、内容のない内容になってしまうけど、

雑記ブログだし?書きたいこと書きたいよねってブログだし?

それはいいはずなんだけど、

なんか、なんだろ。変に自分にハードルを設けてしまうのか、

ブログ書くのめんどくさーってなっちゃうんだよね。うんうん。

 

と、話がまとまっていかないのだけど、

ちょっと書こうかなって思ったことがあったから、

ブログを書いているわけで・・・って話でもないんだけど、

なんというか、

ブログどうしようかなー

みたいな気持ちはちょいちょいあって、

だからついったーでもたまーに、そんなことをつぶやいて。

 

ブログを書かなくなると、ブログも読まないし、ついったーもみないわけで、

なんだか自分だけ時間が止まってる感じもするのだけど、

ふっとブログの場に戻ると、同期(と勝手に思っている)方々がいて、

なんか勝手に縁を感じたりして、

また、ブログどうしようかなーとか思うんだけど、

「好きにすればいいんですよ」みたいな言葉を頂いたりして、

あー好きにすればいいんだなぁ、と放置していたりするわけだけど。

 

とまぁ、当初記事に書こうと思ったことがここまでで書けずに、

もうすぐ1000字なんだけど、

そんなことはどうでもよくて。

 

書こうかなって思った話は、なんというか、私の癖になるのかな。

やろう!!という気持ちがぽっとでてくるときがあるんだけど、

その気持ちはすぐにくしゅくしゅと小さくなって、

めんどくさくなって、

煩わしい気持ちが出てきてしまって、

何もできなくなって。

ブログもそうなんだよなーってことを思ったことを書こうと思ってて。

 

それはなんというか、帰り道歩いている時とか、

そうゆうときに、よし!家の掃除してやるで!!!

とその時は思うけど、いざ帰るとだらけてしまうように、

久々に更新したろ!!

と思って、道すがら、あれを書こうかなとか思うのに、

パソコンの前に向かうと、こうゆうなんというか、

少々?ぼちぼち?どんよりしているような文章になっちまって、

それがわかっているから、なんか書くのが煩わしくなってきちゃって。

 

今回に限ってというか、いつものことながら、

書こう!と思うこともちょっとどんよりしてしまっていて、

どんよりしているからこそ書きたいとおもってしまうのかもしれないし、

この場所は私にとってそうゆう場所になってしまっているからか、

ことさら明るい記事をかけそうにもなくて。

書きたいわけでもないんだけど。

 

だから、なんというか、この場所には既にそれっぽい色があって、

違う色を出したいと思うと、新ブログでも開設しようか、

なんて気分にもなるんだけど、

思ったのは、私を知られるのが私は怖いのかもしれない。

 

ブログってのは、それなりにその人があらわれてくるものだと思うし、

それが面白いところだと思うのだけど、

自分を晒すってことは、それだけ無防備になってしまうというか、

あなたはこんな人ですよねって思われてしまうわけで、

まぁ、それが興味とかに繋がるのだろうし、

その人らしさが多少ないとやっぱつまらないと私も思うし、

だけど、なんとなく思われているイメージと違うことができなくなるというか、

いや、別にしたいとか思わないけど、

なんというか、やっぱ開設時みたいな気持ちでブログを書けないというか。

 

と、ブログを書くときはブログに悩んでしまっているから、

ブログのことばっかブログに書いてしまうのだけど(笑)

 

近況を勝手に報告しますと、

職業訓練校に通いだし、1ヶ月が経ちました!

9−16時みたいな時間割なんだけど、

それでも辛いとか思ってしまう・・。

でも、思ったより起きてちゃんといってる。

世の方々すげーとほんと思います。

 

 

ほんと私がしたいこと、できることってなんだろうなーーーーっっっ

 

 

久しぶりの更新

 

ご無沙汰してます。

という書き出しでおかしくないかな。

 

私生活がバタバタしていたり、

個人的に凹むことがあったり、

で書かなかったという理由もありますが、

単純にブログへのモチベーションがなくなってしまったのだと思います。

記事を書きたいという気持ちが今はありません。

 

ブログをはじめたのも、

気分を吐き出したい

ブログを他のことへのモチベーションにつなげたい

+ブログの勉強がしたい

 

という理由からでしたが、

 

嬉しいことに読者も増え、

・単純に気分を吐き出すことに躊躇いが生まれるようになってしまった

(気にせず好きなように書くができないんだなー)

ブログを書く大きな理由だった、

・他のことへのモチベーションもなくなってしまった

(個人的に凹む出来事があってなにもしたくなくなってしまったんだなー)

 

加えて、ここのブログは凹んで居た時によく書いてたので、

なんだかブログを書こうすると気分が落ちるっていう(笑)

なんてこったい(笑)

これが場の力か。逆パワースポット。・・・違うか。

 

なんて、いろいろ理由を書いたけど、

ただブログを書きたい気持ちがなくなってしまったんだよね。

書きたいという気持ちよりも、

書くのが億劫という気持ちの方が大きくなってしまって、

しまいには書きたいという気持ち自体がなくなってしまったというか。

 

 

 

・自分の考えを整理できるとか

・なんとなくなんかやってる気になれるとか

・他のことに挑戦するきっかけになるとか

・ブログの勉強になるとか

・交流できるとか

・アウトプットできるとか

私にとってブログを書くメリットはいろいろあったけど、

そのメリットがメリットに感じられなくなってしまったというか。

 

誰かにやれって言われてやってるものでもないし、

気分が乗らないときは書かなくていいと思うし、

また気分が乗る保証もないけど、

またふらっと書きたくなったら書きたいな。とは思ってるけど。

 

なんだかんだ、ブログ書いてたときは楽しかったわけだし。

 

こんな記事書いちゃうと、私の場合、なおさら書く気なくしてしまいそうだけど、

また書きたくなったら書きたいんだぜ。

それが明日だった明日でも書きたいんだぜ。

って書いて置かないと書いちゃだめな気分になってしまう面倒な性格なんだぜ。

 

片付けを遂行していたもう一つのブログも、

中途半端なとこで止まってしまっていて、

なんだかなーって思う気持ちもあるけれど、

いかんせんやる気が出ない。完璧主義ゆえかな。本末転倒かよ。

私生活バタバタ+ブログ更新の気分が乗らないで、

片付けも停止中・・

(片付け進めたらブログ更新したいけど、

ブログの更新が億劫だから片付けも進められないっていう負のスパイラル)

 

ブログ続ける難しさをひしひしと感じてます。

 

ブログらしく(?)、ちょっとばかし近況を書いておくと、

来月から職業訓練校に通うことになりました。

朝9時から授業とか・・・

10時間睡眠余裕。昼間で寝ている生活の身としてはきつすぎるんだけど、

ざ・にーとらいふできるのも今月までになりそうだし、

満喫するぞー。

 

これも書くか迷ったけど、

にーとから専業主婦になりました☆

私生活バタバタしてたのは、専業主婦への手続きとかもろもろのことでした。

 

というわけで、お金の心配がだいぶなくなって、

ますます働く気がなくなってしまいましたが、

もう少し文化的な生活もしたいとは思ってるし、

12月からは学校もはじまるし、

自分で収入得たい気持ちは健在だし、

セミナーでも行こうかな・・。

 

さて、そろそろ夕食の買い出しにでもいこっと。

 

 

なんかバタバタしてる

 

私生活の方がいろいろとバタバタしてて、

ブログに手がつかないぜー!

こんまり流片付けもやれてないぜー!

 

旅行行ったり、実家帰ってただけだけど。

 

家のこと全然できてない。

片付けも途中だし、普段の家事とかできないし。

 

洗濯溜まってるし、流石に汚くなってきやがったぜ。

 

というわけで、

更新が最近できてませんでしたが、

ちょっとお家のことしたいのと、

まだバタバタしている事項が残ってるので、

ひとつずつやってこうと思います。

 

今日はとにかく全力で家のことする!!!!

人を呼べるくらいには綺麗にしたいし、

久しぶりに自炊もしたいところ。

 

やったことをブログに書くのがモチベになりそうだったら、

あとで日記(?)書くかもだけど、

とりあえず、今はやるぞとなってるので、

やるぞ!!!

 

いまんとこ、

・メルカリ発送

・次の旅行の確認の電話

・私用の連絡メール文面作成

・洗濯物回す

・食器洗い

 

まではやった。

 

あとは、

・洗濯物しまう

・洗濯物干す

・食器片付ける

・ご飯炊く

・買い物

・御飯作る

・できる範囲の片付け

・スケジュールの確認

・スケジュール立て

・返信はがき

 

って感じ?

よっし。やるぞ。

 

ダメな日ってある。

 

もう何回今日みたいなことをブログに書いたかわからないけど、

思うんだからしょうがない。

 

書いても、吐いても、なくならない。

 

自分との向き合いが足りないのかもな。

そうかもしれない。

 

でも疲れてしまったんだもん。しょうがない。

 

世界がもっと優しくなればいい。

世界がもっと甘くなればいい。

 

何もしなくても責められない。

自分が好きなことをすればいい。

好きなことがなくても大丈夫。

 

そんな世界になってから、生まれ直したい。

 

こうやってなよなよしてしまうのも、

私がまだ「幸せ」とかそーゆーものを求めているからで、

諦められてないからなんだと思う。

 

きっとこうゆう文を読むと、不快になる人もいると思う。

 

書いてる私だって、

気分がいいときに読めば、気が滅入ると思うし、

調子がいいときに読めば、あー言えばこうゆうやつだなと、いらいらすると思う。

 

朝ちょっと嫌なことがあったんだけど、

それをずっと引きずっている。

 

嫌なことがあるくらいなら生きたくない。

そう思ってしまう。そう考えてしまう。

 

嫌なこともあるけど、いいこともあるよ。

人生捨てたもんじゃない。

 

なんて風には思えそうもない。

そう思えたらいいと思う。

 

意地が悪い人だっているし、優しい人もいる。

どうせなら、優しい方を見ようよ。

 

全くもってその通り。

でもどうしても、意地が悪い方にひっぱられてしまう。

 

 

私は恵まれている方だと思う。

それを幸せに思わなきゃいけないんだろう。

けど、幸せに思うことを義務のように感じて、苦しい。

 

全部自分で勝手に自分を苦しめているんだろうと思う。

 

でもそこからの抜け方がわからない。

 

なんだろうな。

 

明るいやつになりたいわけでもない。

 

ただ楽に生きたい。

もっと気楽に。

もっとラフに。

もっとフランクに。

 

それができない。

 

できないと言っているうちはできないよ!

できないは言い訳だ!

やる気がないんだ!

 

そうかもしれない。

憧れるだけで、なる気はないのかもしれない。

なってはいけない気もする。

 

過去の自分が足をひっぱる。

 

私はこーゆー人間だと自分に貼ったラベルが剥がせない。

 

例えば、開き直って、人生を捨てたもんじゃないと思ったとしても、

なんだか嘘っぽい気がする。

 

皆どうやって生きてるの?

そんなことさえ思う。

 

皆どうして生きてるの?

同じ問はずっと昔からあるみたいだけど、

明確なこたえはなさそう。

 

多分、難しく考えすぎなんだよね。

 

 

朝、嫌なことがあった。

自分に非があれど、不快な気分になった。

自分に非があるのに、不快になることがいけないことだと思っているのか、

自分を正当化するために、

不快な気分にどっぷりとハマってしまう。

 

私はこれだけ不快なんだぞ!

もう生きるのも嫌だと思うくらい、辛い気持ちなんだぞ!

私は悪くない!

 

と自分が悪いと思っているんだろうな。

 

そんなに悪いこともしていないのに、

ちょっとの悪いことも許せないみたい。

 

多分私は、コップを割っただけで生きるの辛いとか思っちゃう。

コップを割るのは失敗だと思ってしまう。

 

失敗が怖い。

責められるのが怖い。

 

生きていれば何かしら責められると思ってる。

 

なんか何が書きたいかわからなくなってきた。

 

前向きに生きる許可を下さい。

ネガティブでもいいし、ネガティブじゃなくてもいい、

そんなふうにフラットに生きる許可を下さい。

自分を許す許可をください。

 

 

いつもいつも感じじゃないんだけどね。

こんな風になっちゃうときも度々あるよね。

 

さ!この話はおしまい!

って感じに切り替えられないのが私だけど、

切り替えることをお許しください。

 

気分良く在ろうとすることをお許し下さい。

 

 

 

人への伝え方。

 

人にえらそうにできる人は、

どんな権利を持ってえらそうにできるのだろう、

と常々思う。

 

電車の中で知らない人に大声で説教垂れる人。

以前こんなことあがあった。

Aさんに優先席を譲ったBさんで完結する話なのに、

そこへ関係のないCさんが、Aさんに対して大声で、

「席譲ってもらったんならお礼くらいしろや!!お礼したんか!!!」

と怒鳴っていた。

 

Aさんは、声をだして「ありがとうございました」と言って、

Bさんも、いえいえという感じでその場はまぁ収まったけど、

AさんもBさんもも居心地は悪そうだった。

 

私にはAさんとBさんの間だけで完結しているように見えた。

もし、Bさんがお礼を望んでいて、Cさんが代弁したのであれば、

私の勘違いになるかもしれないけど、

それにしたって怒鳴る必要はないと思うし、

Aさんも譲ってもらったことに会釈していて、

Bさんも特にお礼をされたいから席を譲ったわけではないと思う。

 

こんな事があって、

Cさんみたいな人がいると思うと、外へ出たくない。

なんて私は単純に思ってしまう。引きこもっていたい。と思ってしまう。

 

怖いのか、悲しいのか、

自分の信じていること、望んでいることと違うモノを見ると、

すぐに生きるのがつらいと思ってしまう。

 

きっとそんなことを言うと、

甘えだ、現実は厳しい、現実を見ろ。

なんて言われるのだろうな。

 

そんなことを想像して、さらに外に出たくなくなる。

とはいえ、

買い物も行くし、ヨガも行くし、友人と遊びに行くけどね。

 

怒鳴る人なんて気にしなければいいのだろうけど、

私は「人間」そのものに過度な期待を持っているのかもしれない。

 

言葉を言いように変えれば、「私は人間を信じてる」のだろう。

そして、勝手に信じて、勝手に失望して、勝手に裏切られたと感じてる。

 

人間なんてろくでもないことも知っているのだけどな。

 

アドバイスをする人

アドバイスを求めている人に、アドバイスをするのは、わかる。

そのアドバイスが、

あってようが、なかろうが、

有益だろうがなかろうが、

求められてアドバイスをするのはいいと思う。

 

質問をされて答えるのもわかる。

 

でも、求められてもいないのに、

あーしたら、こーしたらというのはどうだろうか。

 

そのアドバイスが有益であればいいけれど、

そのアドバイスの内容は当人も素に考えていて、

その上で悩んでいるとしたら、どうだろうか。

 

それはおせっかいじゃないだろうか。

 

そこに共感が入っているならいい。

 

「こーしたらと思うけど、

これこれな理由があるし、こんな風に考えちゃうし、なかなか難しいよね。」

とかなら、わかる。

あー、わかってもらえてる。となる。

そう!そうなの!

だからこーしたいけど、できないの!

だけどこーしたいと思ってるの!

と心穏やかにすごせる。

 

その共感があってなくても、

わかってくれようとしていると感じるから、

「それもあるけど、こーも考えちゃうんだ」

と自分の気持ちも伝える事ができる。

 

だけど、共感のないアドバイスの押し付けみたいなこともよくある。

「え、そんなの、あーすればいいじゃん」とか、

「それって、こーゆーことですよね(違う)。だったらこれをすれば」とか、

「私はこー思うし、これが正しいし、こーしろ」とか、

「そんな風にしてるからダメなんだよ、こーすればいい」とか。

 

当人を無視してるアドバイスをする人はどんな気持ちなのだろうか。

その人がアドバイスを求めているかもわからないのに。

 

人間は情報の数%しかキャッチしないとかそんな話があった気がする。

 

アドバイスをする人は、

相手の話を自分の都合よく解釈して、

相手を理解した気になって、

アドバイスをするのかもしれない。

 

中には、どんなアドバイスでも欲しい!という人もいるだろうし、

そんな人にはいいのかもしれないけれど、

中には、(無益な)アドバイスはいらないと思う人もいる。

 

アドバイスをするのであれば、

アドバイスを求めるタイプかどうかも考慮してほしいなとか思う。

 

なんて書いている私も昔はこんなこといちいち考えていなかったし、

えらそうにアドバイスじみたことしてた気がするし、

しかもそのアドバイスが的外れだった気もするし。

 

そんな感じなのかな?

アドバイスする側は、そんなにアドバイスされる側のことを考えていないのかな。

 

 

ところでここでも、「人間への信頼」がでてくる。

「人間は他人のことも考えている」みたいな期待をしてしまっていて、

それにそぐわない行動を見て、

勝手に凹んだりしているんだろうな。

疲れる生き方してるな、私。

 

でも、アドバイスは今のところいりません。

思いつくことは一通りやったし、

やってないことはやりたくないことなので。

これは画期的だぜ!ってことがあればもちろん知りたいけど、

そんな甘い話もないことも最近は理解するようになりました。

 

話は聞いて欲しい。アドバイスはいらない。

先にも書いたように、私は基本、アドバイスはいらない。

もらう助言は大体自分で考えていることの範疇になると思っているからだ。

 

傲慢かな?

自信家かな?

 

でも、昔から、考えることをやめることができなくて、

自分でいうのもなんだけど、

結構広い範囲で、自分で自分にアドバイスができるようになった。

 

自分で思いつかないアドバイスをくれそうな人、

自分にない視点のアドバイスをくれそうな人のアドバイスは欲しい。

 

でもそれ以外は、

話を聞いてもらったり、物理的に助けてもらったりしたい。

 

私は、相談するのであれば、アドバイスを貰えるのであれば、

画期的な返答とか、気分が軽く楽になるもの以外はいらないと思ってしまう。

 

私がアドバイスを求めないのは、

私の心が広くはないからってのもある。

 

例えばアドバイスをされて、

そのアドバイスが自分の予測の範囲内だと、

ショックを受けてしまうのだ。

こんなもんか、と思ってしまう。

 

アドバイスという好意を、失望で返すようなもんだ。

 

自分がそーなりたくないから、

アドバイスはほしくないと思う。

 

どんなアドバイスでも受け止められるような広い心を持ってれば、

こんなひねくれたことを思わなくていいのかもしれないけど、

いまのところ、これが自分なわけで。

 

そんな自分とうまく付き合うしかないわけで。

 

これが私なりの付き合い方なんだな。

もっといい方法があるかもしれないけど、

心を広くすればいいと言われてもどうやって?なわけで、

気長に自分の成長を期待しておきます(笑)

 

 

オピニオン記事

絶対とか、こーであるとか、

そんな風な書き方をした方がアクセスが伸びる。

そうゆうテクニックで、断言系の記事を書いているのなら、

私もそうだと割り切ろう。

 

でもそうでない押し付けなオピニオン記事を読むと、

これを書いている人はどんな権利(?)で主張をしているのかな、

と思ってしまう。

 

私は、こう思う、こう考える。

ならわかる。

 

でも、皆こうだ!世間はこうだ!世の中はこうだ!

と決めつけるのはどうだろうか。

前提に、「私の意見」があるならいい。

けどそれがないと、読んでいて不快になる。

 

自分と意見の違う、押し付け文を読んでも不快になる。

こーしたほうがいい!こーすべきだ!それ以外は間違い!

みたいな。

勝手に間違いにされて、馬鹿にされてるって感じることもある。

 

まぁ、ブログなんて気に入らなければ読まなければいいし、

その読むか否かの権利はこちらにあるし、

ブログはそもそも好きに書く場だから、

私がとやかく言うのもどんな権利があってという話になるけど。

 

こうゆうときだけ、

ブログは好きに書く場だから、

私も好きに書きます。

 

と都合よく対処させていただきます。

 

そして当ブログは全部「私はこう思う、考える」の前提で書かれている、

個人の意見でございます。

 

心理学によれば

いろいろ書いたけど、心理学によれば、

「人の嫌なところは、自分も同じものを持っているからこそ嫌だと感じるのだ」、

みたいな話があるから、

私もそうゆうことをしているかもしれない。

 

偉そうなことを言う人が嫌いということは、

私も誰かしらに偉そうにしているのかもしれない。

 

馬鹿にする人が嫌いということは、

私もどこかで人を馬鹿にしているのかもしれない。

 

こーすべきだ!が嫌いなのに、

アドバイスは相手の状況をみてからにすべきだ!

って主張してるしね。

 

難しいね。

 

どっちも受け入れられる心が欲しい。

さらっと流せる心がほしい。

 

思えば、

アドバイスされていると感じているのは私で、

相手はアドバイスしている気もなくて、

ただこーしたらという自分の意見を主張しているだけなのだろうか。

 

だったら、

「こーすればいい」「こーしたほうがいい」じゃなくて、

「こーするといいと思う」くらいの伝え方にしてもらえると私は嬉しいです。

私も、

「(私は)こーしたほうがいい(と思う)」と捉えられるよう意識します。