もし神さまがいるのなら

もしもし神さまいるのなら 聞きたいことがたくさんあるんです

これが平常運転なのかもしれん

 

風邪引くと、健康なときがわからなくなるように、

落ちると普段どうだったかわからなくなる。

 

明るく、ノリがよければ、

嫌われることはない。

と思うから、

友人といるときは、

わりと明るく、ノリがいいひとでいようとしてしまう。

それでも、ひねくれてるとか、卑屈っぽいところは出てしまうから、

それひっくるめて友人と認めてくれているから、とてもありがたいと思う。

 

普段は、友人の前での仮面を自然とつけられるけど、

その仮面をつけるのがいまは億劫で。

だから、合わないようにするんだけどね、疲れちゃうから。

 

 

でも、これが素なのかなって。

落ちてる方が、素なんじゃないかって思うてしまう。

 

落ちてる時も、落ちてない時も、

どちらも素なのかもしれないけど、

今は普段を過ごしていたときは、

結構演じていたのかもしれないな、なんて思う。

 

家族といるとき、友人といるとき、仕事場にいるときで、

見せる顔が違うのはみんなそうだと思うし、

誰も自分といえばそうだけど、

求めららている自分でいることになんだか疲れてしまった。

 

求められているってのも、自分の勝手な解釈なんだろうけどさ。

 

 

誰にも会いたくない反面、誰かに話を聞いて欲しい。

でも、

否定されること、わかってもらえないことの方が嫌だから、

誰にも話せないな。

 

だから一人でいる方が楽。

だから一人でいたい。

 

そんなことを思う今日この頃。

人気の記事