ニートを目指して三千里 ひねくれ女子の小言日記

ニートを目指していたひねくれ者が日々のうっぷんを書いたり書かなかったりするやつ。ニートを経て、ニートじゃなくなりました!

考えすぎて疲れてしまう。ブログを書くのにためらいがある。

 

ここはもともと、思っていることを吐き出すための場だし、

今もそう。なはず。

 

んー、なにから書けばいいのかなぁ。

考えすぎてまとまらない。

しかも、考えてもしょうがないことを考えてしまってる。

 

だから、そのことを一旦、書いてみようと思って。

 

支離滅裂でもいい、

読みにくくてもいい、

なんの意味もなくても、

 

ただ自分のために、書きたいと思って。

なんてすごいぽえみーになってしまったけど。

 

まだブログを初めて2ヶ月弱。

ブログの悩みを抱くには早すぎるかもしれない。

読者もPVも多くはないのに、考えすぎかもしれない。

ブログを書いていれば、たいてい通る、よくある悩みかもしれない。

 

けど、書きたい。書けば、また自由に書けそうな気がするから。

 

これだけ前置きを書かないと、

書きたいことが書けなくなってしまっているけど、

自分のためにはじめたブログのはずだから。

 

最近、ブログを書くことにためらいがある。

どうせ書くなら、読みやすい文を。

読んでくれる人が一人でもいるなら、恥じない文を。

そんなことを考えてしまって、

ブログを書きたいのに、書くことに抵抗がある。

それでも書くのは、書きたいからもあるけど、

書かないといけないと思っているからだ。

昔は毎日更新していて、今も2日以上は開けないようにしている。

だから書く。ブログをこのまま辞めたくないし、辞めるつもりもないから、書く。

 

でも、

開設当初のように何も悩まずに好きに書いているかというと、

そんなことは、残念ながら、ない。

つまらないと思われたくない、

読んだ時間が無駄だったと思われたくない、

と思ってしまう。

何かを残したいとか、そんな大層なことはおもわないけど、

多分私は、ブログを通しても馬鹿にされたくないと思っているんだと思う。

多分というか、きっとプライドが高いんだろうな。

 

読者のことを考えることはいいことだと思う。

でも、それで書けなくなったら、

本末転倒もいいところだ。

 

私は、私のためにブログを開設したはずで、

自分が好きなように書けなかったら、

この場所の意味は半減してしまう。

もしも、PVが目的とかだったら、

好きなように書くよりも、

読みやすい記事、読まれる記事、ためになる記事を書く方が大事かもしれない。

でも、このブログはPVよりも、

私の気持ちの吐き出す、整理をする方が大事だ。

 

読者も大事。でもそれ以上に自分が大事。

それなのに、

目次を付けたほうが読みやすいんじゃないか。

タイトルでアクセスが増えたとしても、

読んでつまらないと思われるなら、

読まれないほうがいいんじゃないないか。

 

と、ひねくれたことを考えてしまう。

 

スターとかツイッターとかで、

ブログを見に来てくれる人もいる。

そんな人達に、

「がっかりしてほしくない」

と思ってしまう。

だからツイッターをはじめてもフォローできなかったり、

スターをつけることもためらいがあったりする。

 

せっかく作ったブログだ。

そりゃ読んで欲しい。

でも、読まれるほどのブログじゃないと自分で思っているから、

アクセスの導線を増やすことに抵抗を抱いてしまう。

 

読まれるほどのブログじゃないなんて、

自分で判断することじゃないのにね。

読む人は読むし、読まない人は読まないし、

それは、読む側の自由と権利なのにね。

 

 

そりゃ、読みやすい文を書くことに越したことはないし、

書きたいことが読みやすい方がいいと思う。

でも、

目次を活用して、

読みやすさを考えて、

ができることもあるけど、

今みたいにできないこともある。

なら公開しなきゃいいのかもしれない。

 

でも、だったら、何のためのブログなんだよ。

 

読まれることを意識するのは大切。

読者のことを考えることもいいことだと思う。

でも、その前に、

読まれなくても、

期待に答えられなくても、

書きたいことがあるなら、好きに書けばいいじゃないか。

読みやすさ?

そんなもん、リライトでもなんでもして、

できるときに修正すればいい話じゃないか。

書きたいことが書けなくて、どうする。

 

期待だって、自分で勝手に作り上げてるもので、

読む側はそんなこと考えていない。

読む側は、

読む権利も読まない権利も、

どう思うかだって自由な権利を持っている。

書く側だって、

何を書くかも、どう書くかも、

自由な権利を持っている。

書く側に読む側のコントロールはできないし、

読む側だって、書く側のコントロールなんてできやしない。

 

勝手に読む側を想像して、

自分で書くことに抵抗を作ることはあっても、

それだって、書く側の自由だ。

 

最近は、こんな記事を書いてるから、

まったく関係ないことは書かないほうがいいかな、とか、

こんなこと書いても二番煎じだし、書いてどうする、とか、

支離滅裂になってしまうから、構想考えないと公開できない、とか

面白いブログを書いている人をみて、はずかしくなったり、とか。

上げればキリがない。

 

それで書かないのも、もちろん自由だよ。

また書けるまで休むのも1つの手だ。

 

でもね、それでもね、せっかくネタがあるんだ、書きたいことがあるんだ。

だったら書いてもいいよね。

ためらいながら、前置きしながら、言い訳しながら、

それでも書いてもいいよね。

 

ブログを書くのにためらいがある、

スランプだってことはよくあることらしい。

www.life-alright.com

 

www.pojihiguma.com

 

なんて読みやすい文章なんだ・・・。

目次はやっぱり最低限入れたほうがいいのか。

 

なんて、また人と比べて、自分の未熟さを感じてしまうけど、

そのときに書けることを書くしか無いよね。

 

この記事だって、目次いれて、流れ作ってと思ったけど、

そんな気持ちの余裕なかったし。

でも、書きたかったんだもん。

 

明日には、ケロッとブログを書いてるかもしれない。

あるいは、まだくよくよ悩んで、同じような事を書くかもしれない。

でも、それでいいよね。いいんだよね。

 

いつかこれもリライトして、

読んでもらう人にも読みやすくなって、

PVが増えることにためらいがなくなるといいな。

 

色々考えてしまうけど、

読まれることを意識しすぎてしまうけど、

自分のために書いていけたらなと思う。

ブログを書くのは苦痛じゃなくて、

楽しい、楽になる、だから書くんだって。

そしてそれがもしも、誰かのためになったら嬉しい。

 

と、なんだかやたらぽえみーにお送りしましたが、

たまにはいーよね!

書いてちょっとスッキリした気がします。ふぃー。