ニートを目指して三千里 ひねくれ女子の小言日記

ニートを目指すひねくれ者が日々のうっぷんを書いたり書かなかったりするやつ

生きるの上手いやつが憎い。 それを許せないのが辛い

 

どーも、ひねくれこじらせてて社会で生きずらさを感じざるおえない、さとうです。

 

今日は個人的にとてもいらいらすることがあったので、

こちらにて、心のたけを叫びたいと思います。


生きるの上手いやつが憎い。


はい、いい感じにひねくれてますね。

 

とある人がいるんですけども、

能力はそこまでないくせに役職は高いんですよ。

まぁ、そんな人社会にはいっぱいいると思うんですけども。

その人も例に漏れず、自身能力の無さをうまいこと隠していまして、

自分の担当だった管轄を他の人に任せて、

自分はもっと役職をあげなさるみたいなんですよ。

って書くと最低な人みたいですが、根は良い方なんですけどね。

 

だとしてもやっぱり、はぁ?って思ってしまうのは否めなくてですね。

というのも、わたくし、その人と結構関わりを持っていましてね。

そのとばっちり的なのがあったんですよ。

 

というのも、

私はその管轄に残された側の人間なんですけど、

他に残っている人との折り合いが悪いんですね。

それは、その人が抜けたからってのも多いにあるわけでして。

でもそんなこと、抜けるその人にとっては他人事なんですよね。しょうがないことですが。

 

とはいっても、こちらからすると、

散々、みんなで頑張っていこうなって話していた割に、

うまいこと自分だけ位あげて、あとはほったからしかよ。

とあふれてくる憤りをないことにはできないんですよ。

まぁ、それが世の常でしょうけど。

うまい奴が生き残るってやつでしょうけど。

 

ということで、その人曰く、自分は抜けるけど、あとは頑張れとのことでした。

がんばれってなんだよ。何様だよw

まじずるい人だなー。

能力ないくせに、ごまかし、ごまかし、お上手でしたねー。

あー、まじ、くっそ、い、ら、い、ら、する。

というわけです。

 

と書いていて、これって他の人にはあんまり伝わらない、いらいらな気がするし。

はたから読むと、ただの嫉妬にみえるだろうし。

なんでそんなことでいらいらするのって感じだろうし。

うまくいく奴が許せないのをそいつのせいにしてるだけってもんだし。


でもとってもいらいらしてしまったんですよ。

うぜーーーーーっっっっって思うことこの上なし。


と、ここでちょっと冷静になったので、

なんでこんなにイライラしてしまったのか考察でもしてみようと思います。

いきなり真面目になってみます。

とある説によるとね、人がいらいらしたり、怒ったりするのは、

それを自分に許してないからってことらしいです。

 

つまり、私は多分、
・能力がないくせにうまくいく
・能力がないくせいに評価される
・能力があるのに評価されない
・能力があるのにうまくいかない
・自分が面倒をみたものは最後まで面倒をみる
 そうでないなら、はじめから手をださない
・ごまかす
・うまいことやる
・できないくせにできるように振る舞う
・能力がないのにさもあるようにみせる
・責任放棄
・能力がないくせに偉そう
・人当たりいいってだけで評価される

 

ってのが許せないんだと思います。

そうゆういわゆる、観念ってのを持っている。

で、この私のルール(観念)をそいつは平気で破るから私はイライラしたっぽい。

だったら、このルールを廃止してしまえばいいんじゃないか、

そうすればイライラしないんじゃないかと思うんだけど、

困ったことに、その観念を持ってる自分に誇りを持っていたりする。

だから、うまくいく奴を恨んじゃうし、自分もうまく生きたいと思うのに、

それを自分に許せなかったりしてる。

たとえうまく生きれたとしても、自分で自分を非難するというかさ。

 

でもそれだとイライラしてしまうし、辛いだろうから、

そーゆー自分ルール(観念)を和らげようねって話があるんだけど、

まーそー簡単にルールを無効にはできないんだよね笑

なんか今までの自分を裏切ってしまうことになりそうでさ。

このルールをやめちゃうと、今までの苦労はどうなるみたいなさ。

散々私が批判してきた人たちに謝らなきゃいけなくなるじゃないかってさ。


どうすればいいんですかね笑

可能であれば、ルールをだんだんでもいいから緩めていくか、

それができないなら、

このルールの中でうまいこと生きていくしかないのかなー。

 

とりあえず、「うまくいく」ことを自分に許可してみようかね。

自分に許可を出すってのも、生きやすくしてく上で効果的らしいのでね。


と、やたら話が飛躍することが多く、まとまりもないままですが、これにてお開き。

 

なんとか生きやすい道を模索して生きますので、

今後ともよろしくお願いします。

広告を非表示にする