ニートを目指して三千里 ひねくれ女子の小言日記

ニートを目指すひねくれ者が日々のうっぷんを書いたり書かなかったりするやつ

ああ、私は私なりに信念を持って仕事やってたんだな

 

辞めると決めてから、
仕事に身が入らなくなったと書いたけど、
いままではちゃんと仕事に身を入れてたんだなって。
文句言いながら、恨みながら、辞めたいって言いつつも、
ちゃんと信念もって取り組んでたんだなって。

ちゃんとはやってたけど、
やる気はなかったし、
やりたくないことだったし、
やってはいるけど、最低限をきちんとしてるにすぎないと思ってたけど、
最低限どころじゃない、
私は結構頑張っていたんだなと、
身が入らなくなった今は実感してる。

本当なら、辞める最後の1日までちゃんとやりきる!
とかがいいんだろうし、
かっこがつくし、
いままでを裏切らない感じもするけど、
そんな余裕はもうない。
1日を乗り切ることで精一杯。
今だからこそだけどね、
自分がちゃんとやってるからこそ、
やってない人を恨めたんだなって思う。
他人を非難するくらい、自分はやってたんだなって。
やってるから、辛かったんだなって。


自分は自分、他人は他人が全然できてなかったんだな。
人には言うくせにね。笑
それが悪いことだとは思わないけど。
今の私は、過去の私に恨まれそうなくらい、
やってない笑
辞めるそのときまでは、
ごまかして、時間を潰すための会議とかいれて、
辞める気ないですよアピールして、
会社にいる気でいる。

でもしょうがないじゃん。
辞めるように仕向けたのは、そっちじゃん。
辞めたいと思ってたのは私だけど。
辞めたいって思わせたのもそっちじゃん。

なんて、そうやって会社のせいにする限り、
自分に責任を持てていないとか、なんとか言われそうだけど、
自分じゃない何かのせいにしたいくらいは苦しいんだから、
何かのせいにするくらい許しなよ、
みたいなことを読んだことがあって、
すごく救われたことを思い出してる。

誰かのせいにしていいじゃん。
何かのせいにしていいじゃん。
それだと自分の責任にできないとか、
自分の責任にしたくないんじゃん。
誰かのせいにしても、
心の中で責めるだけだし、
いいじゃん。

いいじゃん、いいじゃん、すげーじゃん。

今の私は信念とか全くないけど、
辞めると決める前は、
自分でも気づいてなかったけど、
信念をもってやってたんだなぁという話でした。

広告を非表示にする