ニートを目指して三千里 ひねくれ女子の小言日記

ニートを目指していたひねくれ者が日々のうっぷんを書いたり書かなかったりするやつ。ニートを経て、ニートじゃなくなりました!

円満退職を目指して。上司に辞めると伝えるイメトレめっちゃした。

 

会社を辞めたい理由が前向きなものなら、
辞める伝えるのもさして問題はないだろう。

でも大抵の「会社を辞める」はマイナスな方が多いと思う。
人間は適応動物だと思うし、
よほどのことがない限り、環境を変えない(変えれない)生き物だと思う。
そうじゃない人もたくさんいるけど、
環境を変えたいけど変えれない人の方がもっとたくさんいると思う。
統計とかはないから、どうか分からないけど。

だからさ、
居心地の良い環境なら辞めないと思うし、
辞める必要もないし。
夢を追うんだ!やりたい事があるんだ!って人は辞めると思うけど、
それは稀な「前向きに辞める」だ。

そうではない会社を辞める人は、
自分に合わない、よほど嫌な何かがあることがほとんどじゃないかなー。
と勝手に私は思ってる。

人間関係が上手くいかないとか、
給料に満足しないとか、
仕事がつまらなさすぎるとか、
社風が合わないとか、
とにかく何か気に入らないことがあって辞めたい、辞めようとするのだと思う。

だから、辞めると決意するころには、
募り募った不満が爆発するくらい肥大していることも多いと思う。

そんな状態で、上司に辞めると伝えるのだ。
不満をぶちまけたい気持ちがマックスの状態で、
「前向きな理由で、辞めると伝える」を行わなければならない。
苦行すぎる。

辞めた後なんて関係ねぇ!
円満退社とかどうでもいい!!!
なら、
不満をぶちまけて辞める言ったり、
退職届を郵送したり、
も手だと思う。

が、
世界は狭い。
いつ会うかもしれない相手だし、
転職するとしたら円満退社の方がいいだろし、
不満をぶちまけると会社側に引き留められるって話だし、
できることなら、円満退社がいい。

円満退社をするには、
前向きな理由で辞めることを伝えるのがいいらしい。
もちろん、「一身上の都合」で問題ないし、
それで押し切れるなら、それでいい。
けど、理由を求められることも多いと思う。

かといって、不満がピークなときに、
前向きな理由を笑顔で述べて、
辞めると伝えるなんて。。
中には、これで最後だと主演級の演技ができる人もいると思うけど、
私にはできそうもない。

途中で堪忍袋の緒が切れるところが容易に想像できる。
けどこのままじゃ円満退社なんて夢のまた夢だ。

けどさすがの私も、来たる未来のため、
不安材料は少しでも減らしたい。
円満退社を成し遂げたい。

ということで、

イメトレすることにした。

想像の中で、
上司に辞めると伝えるイメトレを何度も行った。

はじめから主演女優賞は狙わず、
むしろ不満をありったけぶつけた。
汚い言葉を使い、罵り、
相手を傷つけることが目的くらいな勢いで不満をぶちまけて、
あなたのせいで辞めると伝えた。

そんな想像を、気の済むまで行った。

相変わらず不満はあったけど、
段々冷静に辞めると伝えるイメトレができるようになってた。

途中から、
不満を言わなかったら私の勝ちという謎のルールができ(笑)、
主演女優賞を狙いだし、
円満退社も夢じゃなくなってきた。


はじめの頃は、
いくら円満退社がいいと頭ではわかっていても、
今までの不満をなかったことにしたくない、
どうしても相手を傷つけたいって気持ちがあって、
将来のためとか、
不満は引き留めの要因だと分かってるし、
最後なんだしと思っても、
それでも不満をぶつけて辞めるって言いたい、
大人になんでなれない、
って思ってた。
跡を濁しまくりたいと思ってた。

円満退社の方がいいってわかってはいても、
相手の思惑に乗るものか!
自分の不満を蔑ろにしたくない!
みたいな気持ちがあった。

円満退社って自分のためなんだけどね、
それでもどうしようもない不満が、溜まってたんだよね。

でも、自分のためにも円満退社したかったし、
不満をぶちまけても、一時的に満たされるかもしれないけど、
メリットなんてゼロだし。


という葛藤があってね、
なんとなく、想像の中で不満を発散しようと思って、
イメトレをしてみようと思ってしてみたら、
私には合ってたのか、今はすっかり落ち着いたとさ。


当初は、
不満をぶつけないと負けって感じだったのに、
今は円満退社の方が勝ちって感じ。
敵を欺くというかさ。

円満退社
余裕ですよ。

ってなもんです。

辞めるって伝えるときに不満をぶちまけたいけど、円満退社したい私には
イメトレは合っていたみたい。
コツは、
最初から円満退社を目指さず、
はじめはありったけの不満を述べて辞めると伝えてみること。
所詮想像。誰になにを言われるわけでもない。
必要があれば、会社ごとダイナマイトでふっとばせばいいし、
一度で満足しなければ、10回ぐらい爆破させてもいいし。
私は、言葉のナイフをこれでもかと振りかざした。

そんだけ不満が溜まってたんです、
想像の中では思い切り不満をぶつけました。

ぶつけてもぶつけても、不満がおさまらない、
円満退社なんて無理なら、
退職届を郵送で出してもいいかなって思ってたし。
円満退社できればいいけど、
円満退社するために身体壊したら、
本末転倒感あるし。

ということで、
くどくど書いてしまったけど、
あとは本番です。
イメトレの成果を存分に発揮したいと思います。