もし神さまがいるのなら

もしもし神さまいるのなら 聞きたいことがたくさんあるんです

私にとって「作業」とは。ブログって作業なの?

 

ブログを再開して1週間。

目的が曖昧なまま、なんとなく再開したこともあり、

 

ブログ楽しんでまーす!!

 

なんてことはないので、よくツイッターに逃げています。

あの、不躾なですけど、よかったらフォローおねがいします_(┐「ε:)_

こちら→@hinekure_chanto

 

 

さて、

ツイッターの良いところは、勝手に他者の情報や考えが入ってくるところ。

 

先日、こんなツイートが目に入りました。

 

 

 

ブログを「作業」と表現する人は、

「ブログ書くのが好きではないのでは?」

「ブログ書くの楽しくないんじゃない?」

ってことですよね。

 

つまり、「作業」と表現してることは、

「本当はしたくないことなんじゃないの?」

と私は解釈しました。

(間違ってたらすみません。)

 

私はよく、

「カフェで作業する」

と表現しています。

 

まぁ、わざわざカフェに行かないとやらないことなので、

その点でいうと

「本当はしたくないことじゃないの?」

ということは当たりなのですが、

どちらかというと、

「したいけどやる気が出ないもの」なのかなと思います。

 

ゲームみたいに、何もなくてもしたーい!

とそのものが目的というわけではないです。

 

でも例えば、「英語を勉強したいけどなかなやらない」としても、

勉強したい気持ちがあるのは本当じゃないですか。

もちろん、勉強せずに習得できればいいけど、

そうじゃないから、「勉強したい」と思うわけですよね。

 

それを「本当はしたくないんじゃないの?」っていうのは、

たしかにそうかもだけど、そうじゃないというか。

 

目的自体ではなく目的のためにすることだけど、

目的は自分が定めたものだから、

目的のための手段は「したいこと」なんじゃないかなって。

 

 

あと、「作業」って言葉が便利なんですよね。

ブログ書いてるってことを言いたくないときとか、

1つのことじゃなくていろんなことをするときとか、

「作業」って言葉1つで「何かする」ことをまとめて表現できるから、都合がいい。

 

ブログ書いてるとか、堂々と言える人と言えない人いると思うし。

私はなんとなく言えないし笑

 

というわけで結論。

私にとっての「作業」とは、「なにかする」を示すためのちょうどいい言葉。

ブログは「作業」。

ブログは、「したいけどする気がおきないもの」。

だから、モチベーションが必要なわけで…ハハ

 

こんな記事も書いたのでよかったら、見てやってくだせぇ。

hinekurechan.hatenablog.com

 

hinekurechan.hatenablog.com

 

 

p.s.

ツイート自体にそんな深い意味はないと思うんですけど。、

考えるのが趣味みたいなとこあるので、

思考の刺激になったなぁと思って書きました。

(深い意味があったらすみません・・)

 

 

 

 

人気の記事