もし神さまがいるのなら

もしもし神さまいるのなら 聞きたいことがたくさんあるんです

推すのは2次元に限るという結論

 

タイトルの時点で何を書こうとしてるか、

察しる方もいらっしゃるとは思いますけども、

昨日の件を受けて、

 

「推すのは2次元に限る」

 

という結論に達しました、どうもひねくれです。

 

3次元はダメだ。

だって、どう足掻いても生身の人間であることには変わりない。

 

アイドルという職は、

「生身の人間が群衆の理想と期待に応えるもの」と言えると思うけど、

所詮は人間。

 

いつかどこかで、理想から外れるときがくる。

抱いた夢が、夢に過ぎなかったと思い知るときがくる。

 

アイドルは夢をくれる存在でもあるから、

夢を抱くのは当たり前だと思うし、

夢を抱かせてくれるのがアイドルだとも思う。

 

でもやっぱり、アイドルとはいえ人間であることには変わりない。

 

うんこをしないアイドルなんていない。

聖人君子なんていない。

完璧な人なんていない。

天使なんていない。

エスでさえ、ユダの期待には応えられなかったのだろう。

 

どんな人でも、万人の期待に応えることはそもそもできない。

 

人間は喜怒哀楽を持っている。それぞれの考え方、感じ方を持ってるし、気分がいいときもあれば、悪いときもある。それはアイドルだって、人間である以上同じだ。

群衆の理想、夢と、違う行動をすることだってある。

 

わかってはいる。

わかってはいるけど、

アイドルというものに「理想であってほしい」という夢と期待を抱かずにはいられない。

 

むしろ、それを抱かせてくれるからこそのアイドル。

そのアイドルが、いくら人間とはいえ、アイドルから外れた(理想と違った)行動をされたら、

ショックだ。

夢を壊されたと感じるのも無理はないと思う。

 

だって、夢を抱かせてくれるはずの存在が、

いきなり「ざーんねん。夢でした〜」って言ってくるようなものだ。

夢だとわかっている上で、夢を楽しんでいるのに、

夢の方から夢でしたと言ってくるのは、堪える。

 

例えば、ディズニーランドに行っているときに、ディズニー側からいきなら現実(中の人とか)を見せつけられたら、ショックを受けるだろう。

 

とはいえ、アイドルも人間であるのだから、

群衆の夢と希望に応えられなくても、しょうがない。

理想に応えられないとしても、悪いことではない。

むしろ、人間として当然のことだ。

ただアイドルとして、夢を抱く群衆が減るかもしれないだけだ。

(そもそも人間にアイドルを求めるのが矛盾ともいえる)

 

かといって、アイドルに夢を抱くことも、当然のことだ。

だってそれがアイドルの存在理由とも言えるから。

 

どちらも悪くないけど、

「夢が壊された」という気持ちはなかなかに整理するのが難しい。

どちらも悪くないからこそ、

行き場のない気持ちが生まれる。

 

 

だから、推すなら2次元がいい。

2次元は生身ではないから、夢から突然人間味を出すことはないだろう。

作者次第というところはあるけど、3次元よりは安全に推すことができる。

 

それでも、3次元という現実に対して、夢とか希望を求めてしまうから、

アイドルを欲するのだろうな。

勝手に期待して、夢を抱いて、理想を求めて、

いつかそれが「やっぱり夢は夢だった」と思うことになっても、

この人なら、私の夢を、理想を満たしてくれると思いたくなるんだろうなぁ。

 

いつか目が覚めてしまう夢だとしても、

それまで夢をくれてありがとうと言えたらいいね。

時間はかかるかもしれないけど。

 

 

 

 

 

人気の記事