ニートを目指して三千里 ひねくれ女子の小言日記

ニートを目指すひねくれ者が日々のうっぷんを書いたり書かなかったりするやつ

モチベーションがない社員はいらないならそれでいいけど、ちょっと言わせてほしい


意欲もない。やる気もない。
それでも私は結構頑張って仕事をしてたんだなぁってことを書いた。

やりがいもない。モチベーションもない。
それでも、自分の仕事は丁寧に取り組んでいた。

そりゃ、
意欲にあふれ、
やる気に満ちて、
やりがいをもって仕事に取り組む方が、
自分にとっても、組織にとってもいいだろう。

だけど、それができない人だっている。
少なくともここに一人。

意欲的にみせて、
やる気があるように振る舞うことができる人もいるだろう。
でもそれがしたくない、できない人だっている。
少なくとも私はそうだ。

甘えるな、それが仕事だ。
その通りかもしれない。
でも私はそんなのごめんだ。


やる気がないやつは、
周りのモチベーションも下げる。
そうかもしれない。
でもちょっと言わせてほしい。

やる気がないとは言ってたし、
態度に出てないかと言われたら出てたと思うし、
にこにこなんてできるわけなかったけど、

やることはやってたし、
ほうれんそうもきちんとしてたし、
丁寧に仕事してたし、
きちんと作業してたし、
提出物の期限も守ってたし、
周りの負担にならないよう心掛けてたし、
周りのモチベーションを下げるほどのことは、していないと思ってる。
もしも下げてたとしても、
それを私のせいにしないでほしいと主張できるくらいの態度だったと思う。

まぁ、辞めると決意する前くらいは、
追放されてもいいくらい負のオーラは漂っていたかもしれないけれど。
それだって、
辞めるという決意に至らせることがあったんだし、
お互いさまだよね。

と、完全な言い訳ですが笑
弁明したかったんだ…!

やる気がある人を求めるなら頑張ってください。
私は元来人間は怠け者だと思うから、
やる気がある人の方が稀だと思うんだけど、どうだろう。
擬態してる人はたくさんいると思うけど。
怠け者でもそれぞれ個性があるんだから、
やる気あるないってのに捉われず、うまく使えばいいんじゃないかと思うんだけどね。
けど、やる気第一主義だと、
やる気がないとはじまらないから、そんな議論しても意味ないか。

なんて、ちょっと(?)かなり(?)の棘を含ませてしまったけれど。笑

なにはともあれ、
辞めると決意できてよかったなって思います。

広告を非表示にする